窓のリフォームはどんな種類があるのか

窓のリフォームにはどんな種類があるのかと、将来的に設計デザインを変えたいと考えている人は気になっている人もいるでしょう。リフォームは、古いものをサッシごとはずして、新しいサッシやガラスに取り替える方法があります。新しいものは、目的やデザイン性に合わせて選ぶことができます。例えば、断熱性や防音性、デザイン性などを向上させる場合、費用は一般的には1枚あたり10万円~50万円程度が目安です。

カバー工法を変えるというリフォームの種類もあります。これは、古いサッシを残して、新しいサッシをかぶせるように取り付けていく方法になります。カバー工法のメリットは、外壁や内装の工事が不要になることから、費用や工期を抑えることができるという点です。注意点としては、窓の開口寸法が小さくなることや、段差ができてしまうこともあるようです。

費用面については、一般的には1枚あたり5万円~20万円くらいで依頼できます。内窓のリフォームを設置するという方法もあります。これは、今ある製品の内側に別の新しい製品を取り付ける方法になります。こうして二重窓になるため、住まいの断熱性や防音性、防犯性などが向上する役割があります。

大がかりな外壁や内装の工事が不要になり、既存のどんな製品でも対応できます。費用に関しては一般的には1枚あたり5万円~35万円程度になります。どの方法でも特徴や費用は異なるので、目的に合わせて窓のリフォームを考えていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*